advancement to Vietnam

LATEST POST

  • ノートパソコン

    国民気質の魅力とベトナム進出

    ベトナムは人口の増加と若い人たちが多いということで発展し続けている国ですが、経済成長は止まる気配はなく、これからも伸び続けることは間違いがない状況になっています。特にベトナム…

  • ビル街

    ゼネコン企業のベトナム進出も多い

    東南アジア諸国の中でも、今高い経済成長率を誇っているのが、ベトナムです。ベトナムの人口の半数以上が若年層というとても若いエネルギーのある国なので、今後の発展も大いに期待されて…

  • ベトナムの街並み

    ベトナムに進出する時気をつける事

    ベトナムに日本企業が進出する時は、ベトナムは日本と異なる制度、慣習があるのを知る事が必要です。日本と同一に仕事をしないで、ベトナム人と親交し、ベトナム人をほめることや、会話を…

  • 地球

    ベトナム人研修生を育て進出する

    ベトナムといえばおいしい生春巻きやフォーが有名であり、ハノイそしてホーチミンを中心として繁栄する都市部の活気というのはパワーを感じます。そのほとんどが若年層という日本としては…

ベトナム進出時はマニュアルを作成しておこう

今、東南アジアのビジネスの拠点として人気となっているのがベトナムです。ベトナムは今、国内の経済状態がとても良く、今後も経済面でも大きな成長が期待できる国となっています。その為、ベトナムに進出するのは大きなビジネスチャンスとして、日本を含んだ数々の国から、色々な企業が進出、これからの進出を検討しています。
これから、何らかの事業でベトナムへの進出を考えている時にクリアしておきたいのが、言葉の問題です。ベトナムに進出する際には、勿論こちらがベトナムの言葉を話せるようにしておく必要があります。そして、採用するのは現地のベトナム人です。ここで対策を考えずに躓いてしまう事が多いのが、マニュアルです。
たどたどしいながらもベトナム語、もしくは英語で現地のスタッフが会話をする事は可能でも、例えば仕事の際に必要なマニュアルが日本語の場合、説明がしづらい場合があります。特に特殊な技術が必要な仕事や、専門用語の多い仕事の場合には、現地スタッフにマニュアルの内容がうまく伝わらない可能性も高いです。その為、ベトナムに進出する際にはあらかじめ日本語のマニュアルをベトナム語に翻訳したものを用意しておくのがお勧めです。

ベトナム進出の決め手になるもの

ベトナムという国は、日本に近くて身近な国になりつつあります。そして日本で売っている商品にメイドインベトナムという表示を見かけることも多くなってきました。それだけ日本企業がベトナム進出をしている証拠であり、その流れは今度勢いづくことになるでしょう。
観光にベトナムを訪れる日本人が増えていること、雑貨天国であることや裁縫のスキルがあり、洋服の仕立てやオーダーメイドの服を扱うお店が多く、それだけ手先が器用であることやセンスの良さということもベトナムの魅力の1つになっています。そうした国民性からベトナムが製造業としては発展の余地があり、同時にその労働力もかなり魅力であることは確かなのです。
それでベトナム進出したい企業は増えており、そうした進出をアレンジする点での仲介役をする業者も存在しています。ベトナムに進出したことで、企業業績が上向いて、より販路を拡大することができたという会社は多く、確かにここを拠点とすることが東南アジア地区へさらに進出する第一歩になるという傾向が続いています。若い労働力が豊富であり、明るくまじめな国民気質は製造業に携わる企業としてはなりの魅力であり、ベトナム進出の決め手になるのです。

ベトナム進出する時に注意したい事

日本のサラリーマン生活から脱出し自分で何かしたいという人もいます。起業と一口で言っても様々なやり方がありますが、外国に事業を立ち上げる事を希望する人もいます。たくさんある国の中でも、人気なのがベトナムです。でも、ベトナムに進出するにも注意点はあります。ベトナムに進出する時の注意点をあげます。
まず海外で事業をするためには知っておきたい事があります。それは何よりも起業する時にはその国に合わせて事業をしないといけないという事です。日本式の商売や業務の仕方では外国ではなかなか通用しません。したがって外国で起業する時にはその国のルールを知っておく必要があるのです。ベトナムで商売をしていくためにはベトナムの法律を知る必要があります。どのように人材を確保してどのようなライセンスが必要になるのか勉強しましょう。
また、気を付けたいのはベトナム人スタッフの扱い方です。事業を拡大していくためにもベトナム人の国民性に合わせていかないといけません。特にベトナム人の場合は無許可のストをする事が珍しくないので、不満に対してほったらかしと言うわけにはいきません。しっかりと対応していかないとある時、取り返しのつかない事になるでしょう。ベトナムに進出するにも事前に勉強しておける事はしておきましょう。


ベトナムへの進出をご検討中の方へ
ベトナムへの進出ならこちらからお考え下さい。ここ数年のベトナムの経済成長は素晴らしいものですので、その流れにあなたの会社も乗ってみてはいかがでしょうか。

INFORMATION

NEW2017年01月23日
ベトナム人研修生を育て進出するを追加しました。
NEW2017年01月23日
ベトナムに進出する時気をつける事を追加しました。
NEW2017年01月23日
ゼネコン企業のベトナム進出も多いを追加しました。
NEW2017年01月23日
国民気質の魅力とベトナム進出を追加しました。

≫ 記事一覧へ

Copyright © 2016 国民気質やその背景を知るとベトナムに進出したくなる All Rights Reserved.