advancement to Vietnam

ベトナムに進出する時気をつける事

ベトナムの街並み

ベトナムに日本企業が進出する時は、ベトナムは日本と異なる制度、慣習があるのを知る事が必要です。日本と同一に仕事をしないで、ベトナム人と親交し、ベトナム人をほめることや、会話をしてコミュニケーションをとるのが仕事の協力で不可欠です。ベトナムは、離職率が高いのは給料などの面ですが、妻子や両親、親戚を扶養しているので給料をあげたり、コミュニケーションをとったりして会社に親しみを持たせる事で、離職率を下げます。
安価な人件費のおかげで営業してきましたが、近年ベトナムの法定で最低賃金の上昇が定められ、人件費の二桁の上昇率があります。部品、原材料の現地調達率が中国や近隣諸国よりも低いです。また、ベトナムはインフラが全般的に整っていません。特に、道路、鉄道は整備がよくないです。また、慢性的な電力不足です。しかし、近年、大型発電所が建設されたりしてインフラが整ってきておりますので改善しつつあります。ASEANに近い場所にあり、南北に長い国のため、生産、貿易で発展が期待されます。
一方で、労働者が若いため管理者の不足がありますので十分な講習が必用です。また、国が決定した事が民間に伝わるまでゆっくりで、官公庁の言っている事がそれぞれ異なっていることがあるので注意が必要です。これらは、重大な欠点でありませんので、これからも日本企業がベトナムに進出する数は増加すると思います。

LATEST POST

  • ノートパソコン

    国民気質の魅力とベトナム進出

    ベトナムは人口の増加と若い人たちが多いということで発展し続けている国ですが、経済成長は止まる気配はなく、これからも伸び続けることは間違いがない状況になっています。特にベトナム…

  • ビル街

    ゼネコン企業のベトナム進出も多い

    東南アジア諸国の中でも、今高い経済成長率を誇っているのが、ベトナムです。ベトナムの人口の半数以上が若年層というとても若いエネルギーのある国なので、今後の発展も大いに期待されて…

  • ベトナムの街並み

    ベトナムに進出する時気をつける事

    ベトナムに日本企業が進出する時は、ベトナムは日本と異なる制度、慣習があるのを知る事が必要です。日本と同一に仕事をしないで、ベトナム人と親交し、ベトナム人をほめることや、会話を…

  • 地球

    ベトナム人研修生を育て進出する

    ベトナムといえばおいしい生春巻きやフォーが有名であり、ハノイそしてホーチミンを中心として繁栄する都市部の活気というのはパワーを感じます。そのほとんどが若年層という日本としては…

Copyright © 2016 国民気質やその背景を知るとベトナムに進出したくなる All Rights Reserved.